【ハウサー必見】ベビーパウダーは危険?知られざる含まれる成分について

ダンサー(特にハウスダンサー)の人は、フロア(床)が滑りにくい時にベビーパウダーをまいて滑りやすくすることがあります。

そんなベビーパウダーに関して、信じられないニュースを耳にしました。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

医薬品大手ジョンソンエンドジョンソンのベビーパウダーがアスベストが混入しているとして北米で販売中止になったそうです。

要点

・ベビーパウダーに含まれるタルクという成分がアスベストと組性が一緒である

・しかしアスベスト自体発がん性があるというよりも、アスベストの形状が針状になっていてその形により肺に刺さる危険性があり、タルクは針状ではない

・アスベストもタルクも組性自体が危険なわけではない

・しかし今回の裁判では賠償金21億ドル(約2200億円)の支払いを命じる判断を示している

・北米でのみ販売が中止され、日本では中止されていない

まとめ

この問題は調べていくとかなり前から議論されているようで、実際のところ害があるのかないのかはわからないといった現状です。

しかしこちらダンサーはまだしも、ベビーパウダーという名前なだけあって小さい赤ちゃんに使われるものであって、もし害があるなら早急に販売を中止するようにしてほしいです。

まあハウスダンサーの僕としてはなくならないでほしいのですが、、

ヒビ
ヒビ

体への害の心配や滑るのが嫌いな人もいると思うから、使うときはまわりに迷惑にならないようにモラルをもって使おうね!

J&Jは上告するそうで、今後の進展が気になるところです。

J&Jのベビーパウダーの入れ物はフロアにまく時すごい使いやすかったので悲しいですが、結果がわかるまでは日本製のものを使うのが安心かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました